• Company
  • 企業情報

企業情報

  • 社名
  • ジェイファーマ株式会社 (英語表記:J-Pharma Co.,Ltd.)
  • 所在地
  • 〒230-0046
    神奈川県横浜市鶴見区小野町75番地1 横浜新技術創造館 1号館

  • TEL
  • 045-506-1155
  • FAX
  • 045-506-1156
  • 設立
  • 2005年12月26日
  • 資本金
  • 9億5500万円(2021年2月末現在)
  • 事業内容
  • 医薬品の開発
  • 創業者兼フェロー
  • 遠藤 仁
  • 役員
  • 代表取締役社長     吉武 益広
    取締役事業戦略担当   馬場 祐了
    取締役研究開発担当   井川 武洋
    取締役(社外)     大坪 聡恵
    取締役(社外)     鈴木 貞史
    取締役(社外)     香本 慎一郎
    取締役(社外)     森  俊介
    監査役(社外)     竹内 直
    監査役(社外)     田島 照久
    監査役(社外)     古田 利雄
  • 科学諮問委員会
  • 委員長  金井 好克
    委員   加藤 将夫
    委員   解良 恭一
  • 共同研究等
  • 大阪大学、北里大学、杏林大学、東京大学、独協医科大学、千葉大学、金沢大学
    アメリカコロラド大学、フランス国立科学研究センター(ニース)
    タイコンケン大学

役員紹介

役員紹介


(左)遠藤仁 (右)吉武益広

創業者兼フェロー 遠藤仁

杏林大学医学部教授を経て、2005年12月にジェイファーマ(株)設立。杏林大学名誉教授(現職)

役員紹介


(左)吉武益広 (右)遠藤仁

代表取締役社長 吉武益広

大塚製薬(株)医薬品事業部・専務執行役員を経て、2018年12月に当社入社

沿革

  • 1993年
  • 杏林大学でのトランスポーターに関する基礎研究の実践と応用の研究開始
  • 1998年
  • がん特異性必須アミノ酸トランスポーター「LAT1」の分子同定
  • 2001年
  • 株式会社ヒューマンセルシステムズ設立(知財拠点として設立)
  • 2002年
  • 高尿酸血症の原因を明らかとする尿酸トランスポーター「URAT1」の分子同定
  • 2005年
  • 東京都共同開発助成事業「新規分子標的を対象とする抗膵がん薬の開発」採択
  • 2005年
  • 当社設立
  • 2006-08年
  • 医薬基盤研究所 医薬品・医療機器実用化研究支援事業「高リン血症治療薬の開発」採択
  • 2007-08年
  • NEDOイノベーション実用化助成事業「胃硬性がん療法の開発」採択
  • 2007-09年
  • 文部科学省分子イメージング研究プログラム「がん細胞特異膜タンパク質を標的とした新規分子プローブの開発」採択
  • 2009-10年
  • NEDOイノベーション推進事業「新規リン吸着剤JPH101の研究開発事業及び臨床第1相試験の実施」採択
  • 2012年
  • NEDOベンチャー実用化助成事業「アミノ酸トランスポーター阻害による革新的抗がん薬の臨床開」採択
  • 2012年
  • 横浜市特区リーディング事業助成金「トリプルネガティブ悪性乳がんの体外診断薬キットの開発採択
  • 2013年
  • NEDOベンチャー実用化助成事業「新規抗がん薬JPH203の臨床試験実施によるPOCの確保」採択
  • 2014年
  • 横浜市特区リーディング事業助成金「トリプルネガティブ乳がん用体外診断薬の実用化」採択
  • 2015年
  • JPH203の国内における第Ⅰ相臨床試験を開始
  • 2017年
  • JPH203の国内における第Ⅰ相臨床試験を終了
  • 2018年
  • JPH203の国内における第Ⅱ相臨床試験を開始
COPYRIGHT ©
J PHARMA.CO.,LTD
ALL RIGHTS RESERVED